どうしても買いたくなってしまう心理

丁度いいサイズでこなれ感を出そう!

昔から「大は小を兼ねる」という言葉がありますが、洋服に限ってはあまりお勧めできそうにありません。
ひと回り大きなサイズの洋服であれば確かに着ることは可能ですが、体に合わないサイズの洋服で洗練された感じを醸し出すことは難しいと思います。
しかし自分のイメージする着こなし方によっては、少しゆとりを持ったサイズにしておく必要があるかもしれないので目的に合ったサイズ選びをすることが大切です。

そのためにはS・M・Lのような大まかな分類だけでなくトップスなら肩幅や腰まわり、パンツなら股上や渡り幅といった部分別のサイズまで細かく表記されているようなものを選ぶようにすると失敗を減らすことができるでしょう。
さらには伸縮性にもかかわる素材表示を確認しておくことや、洗濯の方法を確認するための洗濯表示を見ておくことも重要なポイントです。

正しく商品を理解するために

ネットショッピングのサイト上で洋服を見て大体の色味は分かったつもりで注文したとしても、実際に商品が届いた時に「イメージ通り!」と心から喜べることがそれ程多くないというのが通販の現実だと思います。

サイズについては詳しく記載されているものを選ぶことや、手持ちの洋服と大きさを比べてみることなどでかなり具体的なイメージができるようになると思います。
デザインについても実際にモデルが着用して活動している姿を色々な角度から撮った写真を参考にすることで、実物を見ることができなくても選ぶことは可能かもしれません。

ところが色についてはディスプレイによって発色の具合が異なってきてしまうので正しく認識することが難しいと言われています。
比較的失敗が少ないとされるモノトーン系の洋服以外は実物を手にして選んだ方が良さそうです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る